ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

ベルギー王室御用達「ピエール マルコリーニ」。銀座本店は、お店を構えてなんと20年。チョコレートにこだわり、そのスタンスを崩さずに提供する「パフェ」はカフェがあって、食べられるのは、世界でも銀座本店と名古屋店だけ。

「ピエール マルコリーニ」がお届けする絶品のパフェを今回ご紹介します。

20年経ったとは思えない、驚きの空間と一人での食べに行きやすい、リッチで心落ち着くカウンター

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

2021年で、日本上陸20周年ともなった「ピエール マルコリーニ」。

一番最初にお店を構えた、この銀座本店も20年が経ったという。そうは思えないぐらい、モダンでラグジュアリーな空間は老若男女楽しめる雰囲気となっています(2015年12月に一度改装済み)。

イートインスペースは、2Fと3F。特に人気が高いのが2Fにある、カウンターです。

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

この取材日も、朝早くから男性一人のお客様もいるぐらい、落ち着く隠れ家的な場所に。

一人でパフェやガトーを召し上がるお客様が多いという、このカウンター。人気も高く、一人で落ち着いた雰囲気で食べるのには持ってこい。

自然光も入り、写真を撮るのにも絶好の空間となっています。

さて、本題のパフェについて。毎年人気が高く、シーズンごとに出しているパフェ。今回紹介するのは夏限定の「メロンパフェ」となります。

メロンのよさと、チョコレートのよさを両立させた、ショコラトリーらしい絶妙なバランス感

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

1650円

歴史と伝統ある、「ピエール マルコリーニ」だからこそ、フルーツパーラーとは違い、フルーツをたくさん使うのではなく、様々なチョコレートの顔と絶妙に合わせていく仕立てになっています。

メロンに見立てたホワイトチョコレートのオーナメントから始まり、中段にはホワイトチョコレートアイスクリーム、そこにはザクザクとしたフィヤンティーヌミルクチョコレートが入っています。

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

パフェの構成も、見られることができるのも◎。

メロンのソルベとメロンの果肉、メロンゼリーと主役であるメロンとそれに合わせたチョコレートがちょうど対になるような構造に気づくことができます。

口の中でパチパチ。懐かしいポッピングキャンディーに、思わず笑みをこぼす

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

メロンの果肉の上に入っているのは、パチパチと口の中ではじけるポッピングキャンディー。ちょっと懐かしく、レトロなアクセントが、ユニークでキャッチ―でとても面白い。

パフェの中で、食感の面で大きな特徴となっています。

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

まるまるとした、トップのメロンゼリー部分は濃厚でねっとりとろっと。メロンの甘さ、香りを濃縮させたような風味で、ふんわりした周りのクリームとバランスも◎。

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

締めくくりは、ミントゼリー。その上に入っている、ザクザクとした食感のフィアンティーヌチョコレートと合わさってまるでチョコミントのように、爽やかに終わります。

夏はテイクアウトにアイス、ソフトクリーム、ドリンクやエクレアなど、魅力あふれるラインナップが

パチパチキャンディ入り? あの「ピエール マルコリーニ」銀座本店、心奪われる麗しのメロンパフェ

イートインも素晴らしいですが、夏はカカオを使ったクラフトコーラ、ソフトクリームや人気のエクレアなど、夏にぴったりのテイクアウトスイーツがいっぱい。差し入れや手土産にもぴったりな銀座本店。

ぜひアクセスしてみてください。

About Shop
ピエール マルコリーニ 銀座本店
住所:東京都中央区銀座5丁目5−8(MAP
営業時間:11:00~19:00
定休日:なし
公式Instagramはこちら

Photo&Writing/Cream Taro