ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

ラトリエアマファソン

「僕と彼と、ラトリエアマファソンと」(大井町線でゆられ、上野毛で)

心にぽっかり穴が空いてしまったある日。渋谷から、ゆらりゆられ気がつけば上野毛駅で降りていた。どこか心落ち着く、この大井町線。改札を出て、何も考えず商店街のアーチをのぞく。

ラトリエアマファソン

薄暗くなる街の中。子どものお迎えで、自転車が行きかう狭い道。交通量の多い道から、抜け出すかのように出た路地。漂うにんにくの香り。鼻をつまみながら、足を止めた。目の前に突然現れた異世界。看板もなく、思わず時計を見た。「あれ、もう16時かぁ」。どうやらお店は終わってしまったようだ。

ラトリエアマファソン

気づいたら、この空間にいた。まだ残っている器。まだ残っている、彼のかおり。

ラトリエアマファソン

物語が始まる予感がする。

ラトリエアマファソン

「ここはいったい…」。あたりを見渡す。あたりを見渡す

ラトリエアマファソン

気づくと僕はここに座っていた。ここがお店だと、忘れていた。

「カチャン」

何か音がした。胸がドキドキした。

ラトリエアマファソン

人がいた。透き通った空間に、響き渡る音。何かを作っているようだ。

ラトリエアマファソン
ラトリエアマファソン

気づけば、つま先立ちをしていた。音を絶対立ててはいけない、そんな空気の中、また興奮していた。

ラトリエアマファソン

彼がいる。

ラトリエアマファソン

バラバラだった彼が、一つになってゆく

ラトリエアマファソン

一つ、また一つ

ラトリエアマファソン

ゆらされ、つままれ、のせられ、一つになってゆく

ラトリエアマファソン
ラトリエアマファソン

急に踊りだしたくなった。つま先立ちしていた足は、いつの間にかステップを踏んでいた。

ラトリエアマファソン
ラトリエアマファソン

もう我慢できない。急に湧き出る止められない感情に外へでようとした

ラトリエアマファソン

素敵な彼らが、僕を待っていた

-fin-

About Shop
「L’atelier à ma façon」
〒158-0093
東京都世田谷区上野毛1丁目26-14
営業時間 10:15~15:00ごろまで
定休日 不定休(インスタグラムまたはHPで確認必須)
上野毛駅から徒歩2分
来客は1グループ、2名まで

Photo/Tadaaki Omori Writing/Cream taro