ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「pâtisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.9

クリーム太郎

クリーム太朗

ウフ。編集長

メンバーの記事一覧

編集責任者。ショートケーキ研究家として、日本全国のケーキを食べ比べる。自身でも、ケーキやチョコレートの製造・販売を目指すべく、知識だけではなく実技も鍛錬中

久々に更新するショートケーキ連載。ショートケーキの大事な主役である「いちご」の季節が終わり、旬のものが手に入らないため、いちご以外を主役になるショートケーキ界。今回は、東急目黒線沿いにある武蔵小山駅にある「pâtisserie de bon coeur」(パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ)。

駅から徒歩3分。隠れ家のような最高の雰囲気を感じながら、イートインは、作るところが見られる

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10
マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

“住みやすい街”として人気の武蔵小山。都心部へのアクセスもよく、ファミリー層が数多く住み、地元のファンも多いこのお店。

駅からも近く、商店街のわき道を入ったところにある。入り口から、別世界への扉があるかのような、ステキな外観である。中に入れば、焼き菓子やケーキ類がズラリと並ぶ。

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

地下1階へ降りると、そこにはイートインスペースが。コロナの影響もあり、小規模ではあるが設置されている。

工房も見える距離にあり、作っている様子ものぞくことが。パフェを注文すると、出来上がる工程も楽しめる。こちらのカフェでは、ケーキもいただける。

それでは本題の唯一無二のなめらかさと香りが楽しめる、最大の特徴のクリームについて深堀していきたい。

マスカルポーネをベースに。口に入れた瞬間うっとりする“コク”

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

最大の特徴は、こだわりにこだわった生クリームにある。他のお店では考えられないぐらい、生クリーム一つで多くの工夫があり、今回一つ一つ解説を書くのが楽しみなぐらいである。

まず最大の特徴は、生クリームだけではなくマスカルポーネでコクと濃厚さをプラスしている点。

なめらかで、コクのあるチーズが生クリームの味に立体感を出している。

また生クリームも、動物性の生クリームと植物性の生クリームをブレンドし「食べやすさ」を追求しリニューアルしたそうだ。

たしかに口に運ぶと、とろけるようになくなっていき、まるで「飲み物」という表現がぴったり。

サンドするクリームは三温糖を使い、ここでも甘みのコクにアクセントを

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

生クリームを作るときに、使っているのが一般的にはグラニュー糖。そこを三温糖にすることで、甘みのコクのアクセントを出している。

「三温糖」とは、基本は砂糖と成分は変わらないものの、糖を繰り返し煮詰めて抽出したものなので、甘みとコクが強いのが特徴。

そのため、クリームの味がぼやけることなく、はっきりしている点も、美味しさの秘密。

外のクリームにはキル酒、中のクリームにはラム酒

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

驚くことに、こだわりはまだある。中のクリームにはラム酒が入っていて、外のクリームはキルシュが入っている。

こんなにもこだわっているクリームは取材を続けていて初めてかもしれない。確かに、意識して食べると外側のクリームには、ほんのりキル酒の香りが感じられ、中と外の香りのコントラストが楽しめる。

フルーツだけではなく、香りも大きな特徴といえる。

こだわりのさくらんぼは、山梨の宿沢農園から

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

さらに、使っているさくらんぼは山梨の農園から。提携先の農園から、最高品質のさくらんぼが届く。

ショートケーキの上はもちろん、中に入っているのはいちごのコンポートとフレッシュなさくらんぼ。香りとコクで、徹底的にこだわったクリームと、絶妙な化学変化を起こす。何個でも食べたくなるほど、とても美味しいショートケーキであった。

マスカルポーネが生み出す、奇跡のまろやかさ。季節のさくらんぼと「patisserie de bon coeur」(武蔵小山)連載:最高のショートケーキを求めて vol.10

今回、こちらの細かい取材にも丁寧に対応してくださったのが、シェフパティシエールの武さん。さくらんぼは、なくなり次第終了でまた次のフルーツに代わるそう。時期で変わるショートケーキ、ぜひ食べてみてください。

About Shop
pâtisserie de bon coeur(パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ)
東京都品川区小山3-11-2-1F(MAP)
営業時間:11:00~20:00(B1 CAFE ラストオーダー19:30)
※コロナウイルスの影響で、営業時間が変更になる場合があります。詳しくは店舗へお問い合わせください。
定休日:なし

Photo&Writing/Cream Taro