ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

Bon Vivantやメゾン・イチまで! 3月8日(月)にプレオープン!横浜高島屋の「ベーカリースクエア」に行ってみた

Bon Vivantやメゾン・イチまで! 3月8日(月)にプレオープン!横浜高島屋の「ベーカリースクエア」に行ってみた

坂本リエさん

坂本リエ

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

主婦誌「サンキュ!」オンラインで記事を執筆ほか、「saitaPLUS」などでレシピ提案も行う。パンライターとして活躍する傍ら、子育てに奮闘するママ。インスタグラムのアカウントは(@r11echan

横浜駅西口にある横浜高島屋に40ブランド、500種類以上のパンを取り揃える「ベーカリースクエア」が2021年3月8日(月)にプレオープン!常設のパン屋に加え、日替わりでパン屋が変わるKANAGAWA BAKERs’ DOCKがデビューしました。

500種類以上のパンが並ぶ「ベーカリースクエア」

ベーカリースクエア

横浜高島屋地下1階に行くと様々なパンが並んでいます。
通路は広くゆったりと選べます。
売り場のトレイはかごのようになっていて一度にたくさんのせて運べるんです。

ベーカリースクエア

すべての商品を一ヶ所でお会計します。
7店舗のお買い物が一度にお会計が済むのはラクですよね。

ベーカリースクエア

イートインスペースが併設されているので買ってすぐに食べられます。店内厨房で作った出来立てのものを食べられるのは嬉しいですよね。

1.KANAGAWA BAKERs’ DOCK(カナガワベーカーズドック)

ベーカリースクエア

KANAGAWA BAKERs’ DOCKは、パン好きなお客様とパン職人をつなぐ神奈川県下のパンを集めたセレクトショップ。コーナー分けされていて、約30ブランド・約200種類の商品が日替わりで店頭に並びます。日替わりなので毎日来ても違うものが楽しめるのはワクワクしますよね。

ベーカリースクエア

シェフの顔写真付きで紹介されています。ほかのパン屋さんではみたことないですね。顔が分かると安心して購入できます。

2.Bluff Bakery(ブラフベーカリー)

ベーカリースクエア

ブラフベーカリーはパン好きで知らない人はいない&横浜・元町で屈指の人気ベーカリー。本格的なニューヨークスタイルのパンを提供します。

ベーカリースクエア

人気商品の「シナモンロール」や風味豊かな「ミルクスティック」、顔の書かれた「メロンパン」といった定番から「ブラフブレッド」、「エイジングバケット」などといった横浜高島屋限定のパンが並びます。量り売りのキャロットケーキは人気ですぐなくなってしまうかも。

3.Bon Vivant(ボンヴィボン)

ベーカリースクエア

横浜・青葉台にお店がある地元ベーカリーです。パンの世界大会で優勝歴のある児玉圭介氏がオーナーシェフを務めいています。

ベーカリースクエア

名物は「生クリームあんパン」。上品な甘さのつぶあんと甘さ控えめでやわらかな生クリームをもっちりとした薄めのパン生地にたっぷりと包んでいます。人気で早い時間に完売することも。「生クリーム栗あんパン」は横浜高島屋限定です。

4.MAISON-ICHI(メゾン・イチ)

ベーカリースクエア

Bon Vivantのお隣にあります。
メゾン・イチは2006年に西馬込にオープンし、2012年にパン・スイーツ・フレンチデリを楽しめる複合店として代官山にオープンした人気店で神奈川県初出店です。「生プルマンのまるごとフルーツサンド」が彩り鮮やかで気になりました。「彩豆食パン」が横浜高島屋限定になります。

5.SHIGERU KITCHEN(シゲルキッチン)

ベーカリースクエア

SHIGERU KITCHENは、東京・柳橋の老舗焼き鳥屋「鳥茂」が手掛けるサンドウィッチ店で、神奈川県初出店。田原町にある老舗ベーカリー「ペリカン」の食パンに、鳥茂のつくねを挟んだ「Torishige Tsukune(タレ・シオ)」が人気商品。

ベーカリースクエア

横浜高島屋限定として横浜の「かもめパン」のバンズを使ったバーガーを提供します。店内厨房で作るので出来立てが食べられるのは嬉しいですよね。鳥・ペリカン・かもめと鳥づくしでこだわりが見えますね。

6.FARO(ファーロ)

ベーカリースクエア

新鮮な野菜や魚をメインとした断面の美しい萌え断サンドイッチを常時10種類揃えたFAROは神奈川県初出店。本店で一番人気の「SABA OLIVE」はレモンの酸味が効いていてさっぱりとしておいしくパプリカがアクセントになっています。

ベーカリースクエア

FAROの初スイーツサンドとなるフルーツサンド「FRUTTA」は美食パン専門店「Gala」の低糖質ブランを使用しています。食べ応え抜群のサンドイッチです。

7.ジュウニブン ベーカリー

ベーカリースクエア

代々木八幡で人気のベーカリー「ジュウニブン ベーカリー」が神奈川県初出店。国産小麦や食材にこだわり、具材からすべて手作りというから驚きです。人気なのが伺えますね。看板商品は高加水生地で有塩バターを包んで焼き上げたモチモチ食感が特徴の「風船パン」。ほかにもクロワッサンやメロンパンなど種類が充実しています。

ベーカリースクエア

横浜をモチーフにした「いかりパン」や「黒船パン」を横浜高島屋限定で販売します。ほかにもケーキや焼き菓子も並んでいます。ちょっとした手土産にもぴったりです。

セレクトショップはこんな楽しみ方がある!

食べたいものを普通に買うのもいいのですが、せっかくだから普段できないような買い方をしてみました。
あんパン食べ比べです。

Bon Vivantの生クリームあんパン195円(税込)

Bon Vivantの生クリームあんパン195円(税込)。
甘さ控えめの生クリームがたっぷりと入っていてつぶあんが隠れてしまうほど。つぶあんは粒がしっかりとして噛み応えがあります。冷やしてるのでパンのパサつきがすこし気になるかと思いきや生クリームがカバーしていました。小ぶりなのでおやつにぴったり。

KANAGAWA BAKERs' DOCKからベッカライ徳太朗のあんぱん240円(税抜)

KANAGAWA BAKERs’ DOCKからベッカライ徳太朗のあんぱん240円(税抜)。
北海道産の有機栽培で育ったあずきを使ったあんぱんだそう。空洞がないほどつぶあんがぎっしりと入っています。あんぱんというよりあんを食べている感じで甘いもの欲を満たしてくれます。朝食にもぴったりなボリューム感です。

KANAGAWA BAKERs' DOCKからラピニヨンのあんぱん176円(税抜)。

KANAGAWA BAKERs’ DOCKからラピニヨンのあんぱん176円(税抜)。
かなり小ぶりでちょっと何か甘いものが食べたいときにちょうどいいサイズ感です。生地とあんが半々に入っています。粒がしっかりとしたつぶあんで上品な甘さです。ぱん生地はしっとりと柔らかいです。

パンのテーマパークに行こう

ベーカリースクエア

横浜高島屋の「ベーカリースクエア」をご紹介しました。
たくさんのパンが出迎えてくれてまるでパンのテーマパークです。
日替わりなのでいつ行っても楽しませてくれますよ。
ぜひ足を運んでみてください。

About Shop
「横浜高島屋」
〒220-8601 神奈川県横浜市西区南幸1丁目6−31
営業時間:10:30~19:30
定休日:不定休