ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

これがアイス!? アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ③

これがアイス!?アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ①

今月のウフ。「罪深いアイスの世界」で、企画に全面協力いただけたアイス研究家・シズリーナ荒井さん。1日2リットル以上、年間4000種ものアイスクリームを食べ、TVや雑誌で活躍中。新刊「コンビニ&スーパーのアイスが極上スイーツに! 魔法のアイスレシピ」(KADOKAWA)も話題に。日本中のありとあらゆるお取り寄せアイスを食べつくしてきたシズリーナ荒井さんが、「本当にこれは美味しかった」と記憶に残るアイスをお届けしていきます!

オーガニック素材を使い、糸島の食材の良さを感じるイタリアンジェラート

これがアイス!? アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ③

福岡県、博多からは約1時間もかからない場所にある「糸島」。美しい海が見え、観光地としても人気のこの地で、個人でコツコツと経営をされてきた北古賀さん。

Loiter Marketの前身となる「Kreis」では、無垢の素材を使った雑貨を企画し、現在も継続されているそう。「雑貨からジェラート?」と驚かれる方も多いのですが、「地元の無垢の素材を活かすプロダクト」を考えているうちに、冷凍庫の中に年中常備しているアイスクリームを見て「糸島は果実の産地。であれば、子どもからお年寄りまで喜んでもらえる、糸島のジェラートができるかもしれない」と思うようになったそう。

これがアイス!? アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ③

雑貨からジェラートへ。商品のデザインを見ても、その洗練された形とデザイン、そして設計はとても美しく感じます。

糸島産の素材を使ったジェラートの種類は数えきれないほど

ラインナップは、糸島の食材を使った「塩」や「糸島産あまおう」「甘夏」などのほか、ピスタチオやキャラメルなど、人気のフレーバーも勢ぞろい。現在は糸島のトマトをはじめ、セロリ、ケールなど、青野菜のジェラートも挑戦中だそう。それでは、今回シズリーナ荒井さんが選んだ2つのフレーバーを紹介します。

これがアイス!? アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ③

シズリーナ荒井さんが選んだのは「糸島塩」(写真右)と「ピスタチオ」(写真左)。そのポイントを伺うと……。

「こちらのピスタチオのジェラートは日光をよく浴びたような甘みと深みのあるコクを感じられる作品。生クリームと混ぜ合わせるとピスタチオの良さを全て掻き消してしまうが、ロイターマーケットのピスタチオは違う。しっかりとピスタチオが主役であって、ナッツの嬢王を踊らせている。」

「また、糸島塩のジェラートは、塩の旨味を生かした作品で、しっかりと糸島塩というネーミングにふさわしいジェラートへと昇華させられていた。実は、ピスタチオと糸島塩のジェラートを混ぜて食べるのがシズリーナ流。ピスタチオのジェラート7に対して糸島塩のジェラートを3加えて練り合わせて食べると…。まさに、罪深いアイスになります。」

「このパッケージも素晴らしい。いいものは必ず真似されるが、この味は誰にも真似されることはできないぐらいのこだわりを感じられる作品だ!」」

これがアイス!? アイス研究家・シズリーナ荒井さんが愛してやまない糸島発「ロイターマーケット」のボトルジェラート“本当に美味しかった”お取り寄せ③

「皮に含んだ栄養素や畑で採れた青い香りや、種の周りのぬめりまでも入れ込みたい」そんな思いで、果実の芯の青い部分も使ったり、食材の繊維を残すために低速と高速の2台のジューサーを使い分けたり、製法そのものが店主のこだわりが詰まったジェラートになっています。

クラッカーにのせたり、サラダにしたり

最後に、ユニークな点はクラッカーにのせたり、サラダに合わせたり、ジェラートの枠を超えた新しい食の提案もされています。ぜひ、お取り寄せして店主のこだわりを体感してみてくださいね。

About Shop
Loiter Marketの
オンラインショップはコチラ

Profile
シズリーナ荒井
アイス研究家、イートデザイナー。年間4000種類以上ものアイスを食べ、さまざまなアイスレシピを提案。市販アイスの食べ方を日々研究している。今年6月発売の新刊「コンビニ&スーパーのアイスが極上スイーツに! 魔法のアイスレシピ」(KADOKAWA)も話題に。