ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆ノ介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

食を通じて、新しい体験を届ける活動をしている「イートデザイナー」西村 隆ノ介さん。見た目にも美しいフルーツサンドやケータリング料理を手掛け、その才能は、飲食だけではなく美容からジュエリーなど、多方面に活躍中です。「にしむー」の愛称でも親しまれる西村さんの、スペシャリテはやはり「フルーツサンド」。家庭でも簡単に作れて美味しいフルーツサンドを今回特別に教えてもらいました! レシピ動画も公開中です♪

砂糖と生クリームを使わない「キウイとバジルのクリチーサンド」

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

今回教えてくれるのは、暑い時期にもさっぱり食べれて、栄養満点のキウイを使ったフルーツサンド。混ぜて、はさんであっという間! 材料からご紹介します。

<材料・2人前 4切れ>
混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

●キウイ(サン・ゴールド) 2個
●パン 4枚
●甘酒 濃縮タイプ(薄めて飲むタイプ)約120g(1パック350gの3分の1程度)
●水切りヨーグルト 1パック
●バジル 3~4枚

STEP1:まずは甘酒を混ぜながら、クリームを作る

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

ボウルにヨーグルトを入れ、甘酒を入れます。甘酒は容量分いれず、少しずつゆっくり入れます。甘酒は製品によってはクリームが水っぽく、クリームがゆるくなってしまう可能性があるので、少しずつ混ぜて、クリームの状態を保てるかしっかり見ながら混ぜましょう。

STEP2:キウイをカット

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ
混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

次はキウイを輪切りにしていきます。厚さはお好みで。

STEP3:パンをぱかーんと開き置きして、クリームチーズを塗っていきます

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

パンを袋から取り出したまま、ぱかーんと開くように置くときれいに挟むことができます。

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

表面にたっぷり塗っていきます。

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

塗ったうえから、キウイをのせていき、最後にちぎったバジルを散らせばもう完成は、すぐそこ!

STEP4:ラップでくるんで、1時間置いておきます

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

サンドしたら、最後はラップでくるんと。その時に、切る位置をマークしておくとキレイにカットできて、断面も美しくなります。

このサンドを冷蔵に入れて、約40分~1時間寝かせたら完成です。寝かせることでクリームがなじんで、美味しくなります。

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

カットしたら完成です! 夏バテ防止にもなりそうな栄養満点のフルーツサンドの出来上がりです。

美味しさの秘密は、甘み・酸味・苦み・うまみ・香り

混ぜてのっけるだけ。フルーツサンド王子、西村隆之介さん特製♡5分でできるキウイとバジルのフルーツサンドレシピ

「美味しいフルーツサンドにするための秘密は、甘みと酸味、苦みとうまみ、香りのバランスを考えること」と西村さん。キウイと甘酒の甘み、ヨーグルトの酸味、クリームチーズのうまみ、バジルの香り、あらゆる要素のの足し算引き算で美味しいフルーツサンドが出来上がるんだそう。

またパンの選び方にもポイントが。

「さっぱりしたパンがおすすめです。食パンとして完成されている、バターが濃厚なパンや甘みがあるパンは、フルーツがパンに負けちゃうのでおすすめしません。」

西村さんオススメのパンはコチラ

・山崎製パン「ロイヤルブレッド」
・敷島製パン「超熟」
・フジパン「本仕込」

ぜひ皆さんも家族で、カップルでフルーツサンド作ってみてくださいね。

Profile
西村隆ノ介 Nishimura Ryunosuke
イートデザイナー。「にしむー食堂」を立ち上げ、渋谷6curry等で出店するほか、ケータリングサービスなども行う。コスメやジュエリーのプロデュース、デザイナーとしても活躍し、マガジンハウスGINZAにてエッセイの連載も持つ。

Photo/Ahlum Kim Writing/Cream Taro