ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

恵比寿「ai’s」(アイズ)で今しか食べられない「シャインマスカットのパフェ」と土の中から秋茄子のアイス?驚きのデザートコースを徹底解剖

前回の記事でも紹介した、今年恵比寿にOPENしたばかりのイタリアンレストラン「ai’s」(アイズ)。パフェ好きインスタグラマーとして人気のmeguboooさん(@megubooo)に今回も取材していただきました。。「和」の要素をミックスさせたメニューの数々で人気のこのお店、9月15日から始まる第二弾のシャインマスカットのパフェと、驚きのデザートコースを今回はお届けします。

第二弾のパフェ、注目すべきはシャインマスカットに、アールグレイのまろやかさに柑橘の酸味を合わせた三味のマリアージュ

第二弾のパフェは、「お茶」をイメージし作られたそう。構成は、メープルチュイル、菊花、カモミールとメープルメレンゲ、シャンパンとブラックペッパーの泡、アールグレイジェラート、メープルクランブル、ラムレーズン、シャンティ、シャインマスカット、レモンカード、はちみつオレンジレアチーズ、ヘーゼルナッツパンナコッタ。

アールグレイの高貴な香りがシャインマスカットの甘酸っぱさをオブラートに包みこんでくれます。構成として、酸味→まったり→酸味の繰り返しを楽しめます。また広めのグラスの形を生かして上から下の層を一緒に食べることができ、ケーキのような楽しみ方ができます。

底に見える、ヘーゼルナッツパンナコッタで濃厚に終えられます。

秋をイメージしたパフェの盛り付けは、見た目にもかわいく仕上がっています。上に見えるのは、カモミールとメープルのメレンゲチュイールに菊の花が散らされています。

「和」をテーマにしたお店だからこそ、季節感の表現にも和のテイストを感じますね。

ペアリングドリンクは、スパイスが隠し味

ペアリングは「スパイス香るメープルオレンジティー」。オレンジ果汁、白ぶどうジュース、八角とクローブ香るアールグレイ、メープルシロップ。甘すぎないのでパフェに合うフルーツティー。ほんのりと香る八角とグローブが大人っぽいテイストになっていて、パフェとの相性も素晴らしいです。

創作デザートが楽しめる、コースにはサプライズがいっぱい

今までパフェをお届けしてきましたが、季節の驚きのコースが2種類あります。

季節のコース「ai’s シーズナルコース」9790円
アミューズ、スープ、プランダード&パン、前菜、パスタ、メインディッシュ、デザート、プティフール、本日のお茶

極上のコース「ai’s シグネチャーコース」15290円
アミューズ、スープ、プランダード&パン、冷製パスタ、冷前菜、温前菜、パスタ、メインディッシュ、畑からの贈り物、メインデザート、プティフール、本日のお茶

注目は品数たっぷりの2番目のコース。メインのデザートは季節のフルーツを楽しめる一皿に。

季節の一皿は、ぶどうのデクリネゾン。種無し巨峰をひとつの素材をいろいろな表現で一皿に詰め込んだデザート。構成は
・赤ワインのグラニテ
・巨峰のマリネ
・練乳と葛粉のマリネ
・超バニラ
 (通常の5倍のバニラビーンズを入れて作るバニラジェラート)

畑からの贈り物。中から出てきたのは、○○

このコースの目玉はこれ。パティシエ加藤さんが持ってきて、思わず二度見。土を持ってきたかと思う、この見た目ですがなんとココアパウダー、カカオニブ、アーモンドを細かくしたもの。土にみたてた畑からスコップのスプーンで石が掘り起こされる演出になります。

掘り起こしていくと、、、なんと石が出てきました!
そしてこちら、なんと秋茄子のアイスクリーム。ここにも「和」を感じるシェフのこだわりが発揮されています。

本当に食べ物なの?と思うような、格別な一皿。茄子の香りを感じながら、上品な甘さで一度は体験したい味です。

農家さんと直接やりとりし、野菜はどれもフレッシュでこだわったものばかり。食材との対話が素晴らしいこのレストラン、今年話題の大人の隠れ家となりそうです。

最後に焼き菓子も。店主こだわりのレザーポットに入ったおもてなし。こちらはお土産にして持ち帰れます。終始サービスが素晴らしいこのお店、今後も楽しみです。

About Shop
ai’s
東京都渋谷区広尾1-1-38 スクエアサイドビル1F(MAP)
営業時間:ランチ11:30~16:00(L.O.15:00)
ディナー17:00~20:00(L.O.19:00)
※パフェは上記ランチ時間のみの提供
※ディナーは現在時短営業中、前日までの予約制
定休日:日曜日

Photo&Writing/Cream Taro