ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。
超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いた、これさえわかればもっと楽しくなる基本編

今回は、趣味としてコーヒーを始めようと思っている人から、毎日のコーヒーをもっと美味しく楽しみたいという人まで。コーヒーを始めるときに絶対必要となる“基本のあれこれ”を、プロに教えてもらう企画。

コーヒー豆の選び方から、淹れ方、更には、美味しいアレンジまで。とってもわかりやすく、2記事に渡ってお伝えします。

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

担当してくれたのは「スターバックスコーヒージャパン」の中でも、たった5人しかいない “コーヒースペシャリスト”若林さん。コーヒーの専門知識を持ち、その魅力を発信しています。

1本目となる本記事ではまず、“コーヒー豆の購入時”に役立つ知識を分かりやすく解説します。

《コーヒー豆》、《焙煎》、《抽出方法》の3柱でコーヒーの味が決まる!

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

コーヒーの味を決める要素はいくつかあります。その中でも大きな柱となるのは《1,コーヒー豆の種類と生産地》、《2,焙煎度合》、《3,抽出方法》の3つ。この3つのポイントを抑えることで、自分の好みのコーヒーが分かったり、見つけやすくなります。

特に《1,コーヒー豆の種類と生産地》と《2,焙煎度合》はお店でのコーヒー豆選びに。《3,抽出方法》は自身のスキルアップとテイスティングの際に役立つ知識。

そこでまずは、《1,コーヒー豆の種類と生産地》と《2,焙煎度合》について紹介。コーヒーを購入する前の基礎知識としてチェックしてみてくださいね。

よく聞く“焙煎”っていったい何?コーヒー豆の風味を決める要素“焙煎度合”とは

コーヒーに親しむ上で、決め手となる風味に大きく関わるのが焙煎度合です。さらに、コーヒーを始めたばかりの人にとって、味の違いが1番分かりやすいところ。そのため、最初はここから意識することが若林さんのおすすめなんだとか。

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎
左側が一番焙煎浅め。深くなるほど豆に光沢が入り、コーヒーの色も濃くなります

―コーヒー焙煎とは―
コーヒー豆は元々、コーヒーの木に生る赤い実“コーヒーチェリー”からとれる生豆です。しかしこの時点では、薄緑色。これを煎ることで、私たちがよく目にする焦げ茶色のコーヒー豆が出来上がります。

そして、よく耳にする、浅煎り・中煎り・深煎りとは、どこまで焙煎をするかを示した言葉。

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

若林さん「焙煎度合による味の違いは、玉ねぎをイメージすると分かりやすいですよ。生のままだと酸っぱいですが、焙煎することで甘みが増して、酸味が減っていきます。更に熱を加えると、コクと苦みがでてくるんです」

「スターバックス」では、特に中煎り~深煎りの間で、さらに焙煎度を変化させているんだとか。微々たる違いのようにも感じますが、実際に飲んでみると浅めと深めではかなり味が違いました。

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

「ブロンドロースト」(中深煎り・浅め)
コーヒー豆は栗色です。
さっぱりとした印象の飲み口で、フルーツのような酸味。コクは少なくほのかな甘さが後を引きます。

「ミディアムロースト」(中深煎り)
コーヒー豆は、深いこげ茶色で少し光沢があります。
甘みと酸味のバランスが良く、コクもあります。いつでも、どんなフードとも合わせやすい味わい。自分の好みを探し中の人にとっては、これを基準に飲み比べてみるのが、良いそうです。

「ダークロースト」(深煎り)
コーヒー豆は、黒に近い茶色でギラギラとした光沢があります。
最初にはっきりとした苦みがあり、力強い印象。黒糖やカラメルのようなコクを感じられます。

コーヒー豆の個性を決める産地の違い。まずはラテンアメリカ、アフリカ、アジア/太平洋で区別しよう

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

次にコーヒー豆の個性について。豆の種類によっても変化しますが、栽培に適した地帯を世界地図に表した“コーヒーベルト”があるほど、コーヒーにとって産地は重要な要素です。

若林さん「生産地による味の違いは、結構はっきりとしています。先に説明した焙煎は、コーヒー豆本来の個性を活かすためでもあるんです。そのため、コーヒーに飲みなれたと感じたら、次は生産地について考えると面白さに厚みが増します。

今回は、ラテンアメリカ、アジア/太平洋、アフリカと、大きく3分割してコーヒー豆の特徴を捉えます」

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

ラテンアメリカ
国ではブラジルが有名。ナッツやチョコレートのような味わいです。バランスがとれていて、香ばしさもあるため最もコーヒーらしい印象。デイリーに飲みやすい王道さが魅力です。

アフリカ
国ではケニアやエチオピアが有名。フルーティーで、爽やかな酸味が特徴的です。個性がはっきりしている分、好きな人はどっぷりとハマってしまう魅惑的なコーヒーです。

アジア/太平洋
国ではインドネシアが有名。どっしりとしたコクが特徴です。酸味は少なく、後味にはバターやシナモンのようなコクを感じられます。

さらにコーヒーが楽しくなるフードペアリング。そこにはロジックがあった!

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編浅煎り中煎り深煎り焙煎

フードペアリングは、コーヒーの楽しみ方を倍増させます。コーヒーを買ったら、ぜひ一緒に楽しみたい。そこで今回は、誰でもわかる基本的なフードペアリングのロジックを教えていただきました。

若林さん「まずは、コーヒー焙煎度と食べ物の重量感を合わせるのがベースの考えですね。焙煎が浅いものには、口当たりの軽い食べ物を。コクが深くなればなるほど、重めの食事を選ぶと良いです」

教えていただいたロジックを元にして考えられた「スターバックス」の商品を、実際にペアリングするとこんな感じ。

「ブロンドロースト」(中深煎り・浅め)
軽い飲み口に合わせて、素朴で軽い軽食のようなスイーツやパンをチョイス。
クロワッサンやトーストなど、朝食と楽しむのにぴったりのペアリングです。

おすすめの「スターバックス」商品:「バウームクーヘン」

「ミディアムロースト」(中深煎り)
中煎りの良いところはバランス力。どんなものに合わせやすいコーヒーです。浅い焙煎のものよりも香ばしさがあるため、生地の重量を感じられるフードをチョイス。満足感の高いコンビネーションです。

おすすめの「スターバックス」商品:「チョコレートチャンクスコーン」、「アメリカンワッフル」

「ダークロースト」(深煎り)
どっしりと力強い味わいを楽しみたい深煎り。バターケーキやチョコレートをたっぷり使ったブラウニーもぴったりです。苦みがちょっぴりキツイと感じた時には、ミルクを加えることで、マイルドな味わいに。

おすすめの「スターバックス」商品:「シナモンロール」「チョコレートクリームドーナツ」

コーヒー豆を選んだら、いざ抽出へ

超わかる!初心者向けコーヒー豆の選び方&ペアリング。スターバックスのスペシャリストに聞いたこれさえわかればもっと楽しくなる基本編 浅煎り中煎り深煎り焙煎

コーヒー豆を選ぶときに欠かせない《1,コーヒー豆の種類と産地》と《2,焙煎度》についてはいかがでしたか?

知識はついたけれど、まだまだコーヒー選びに自信がないという人は、もちろん店頭に行って相談するのもOK。コーヒーの専門用語を出されても、もう恐くなんてありません!

コーヒー豆を選んだら、次は抽出方法です。

抽出方法は、コーヒーを学んでいく上で一番楽しいところ。コーヒーを淹れる音や香りを楽しみつつ、自分のスキルが直接味に反映されるからです。

後編では、“コーヒースペシャリスト”の若林さんが、どんなコーヒー豆にも合う基本的な抽出方法を伝授。美味しいコーヒーの世界にどっぷりと漬かりましょう!

協力/スターバックスコーヒージャパン
一部画像の提供/スターバックスコーヒージャパン

園果わたげさん

園果わたげ

ウフ。編集スタッフ

メンバーの記事一覧

ufu.の新米編集者。メンズカルチャー誌でアシスタントを経験後ufu.に転身。 特技は甘いものを食べ続けること。最近は美術館内レストランの限定コラボスイーツにハマっている。