ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

あんみつと羊羹がひとつになったら、世にも美しい和菓子に!「ひつじや」のあんみつ羊羹【福岡市大橋】

あんみつと羊羹がひとつになったら、世にも美しい和菓子に!「ひつじや」のあんみつ羊羹【福岡市大橋】

こんにちは。カフェ巡りの生き字引・かんなです。

今回のテーマは「和菓子」。福岡からカラフルで美味しい、あんみつ羊羹を紹介します。

雲のような暖簾と、なんとも言えない表情のひつじがおでむかえ

ここは和菓子屋さん? まるでアニメにでてきそうな外観をしています。入り口からワクワクがとまりません。

入ってみると、店内はとてもスタイリッシュな雰囲気です。ひとつひとつ手にとってみたくなるような商品がいっぱいで、なかなか歩が進みません。

商品名や見ためがとても可愛くて、すべてを購入したくなります。

「あんみつ羊羹は和菓子なの?」と思うくらい、パッケージが斬新!

パッケージのイラストは、BRUTUSやPOPEYEなどのファッション誌や、うんこドリルシリーズ「うんこ夏休みドリル」などで幅広く活躍しているイラストレーターの長嶋五郎/gongonさん。

このハイセンスなパッケージからどんな和菓子がでてくるのか、期待が高まりますね。

キラキラした宝石箱のような“あんみつ羊羹”

小豆羊羹の上に塩豆、寒天、練り切り、パイン、オレンジ、あんず、チェリー、とあんみつの具材がまるっとひとつになってます。

一口で美味しいあんみつを感じられます。お好みでアイスクリーム、黒蜜と一緒に食べるのもおすすめです。

羊羹なのにあんみつ感がさらに増しますよ。

ひつじの毛を刈った⁉  「ひつじや」の綿菓子は「WOOL0%」

私のもうひとつのおすすめが綿菓子! よーく見てください。モコモコの毛をかられた、ひつじがなんとも言えない顔をしています。

パッケージに【WOOL 0%】とユーモアたっぷり。

綿菓子やソフトクリームなどを食べられるように、お店の横にはバス停のようなイートインスペースがあります。

「これって和菓子なの?」と思うような斬新なパッケージと、笑いのセンスが光る商品名。

「ひつじや」の和菓子は、どの世代にも、手土産に喜ばれます。

とても新しいのに、どこか懐かしい。「ひつじや」の和菓子はオンラインショップからも購入できます。気になった方はぜひお試しあれ。

About Shop
「ひつじや」
福岡県福岡市南区大橋3-26-8(MAP)
営業時間:10:00~18:30
定休日:定休日

かんなさん

かんな

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

九州のカフェの歩く生き字引。カフェ好きすぎて昭和から令和まで巡っている、筋金入りのカフェめぐりびと。福岡を中心に佐賀や大分など、車でいけるところならどこまでも徘徊中。Instagram(@kannacafe25