ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術 「最高のショートケーキを求めて vol.07」

クリーム太郎

クリーム太朗

ウフ。編集長

メンバーの記事一覧

編集責任者。ショートケーキ研究家として、日本全国のケーキを食べ比べる。自身でも、ケーキやチョコレートの製造・販売を目指すべく、知識だけではなく実技も鍛錬中

ホットケーキ通の間では、人気のこのお店。1846年からの歴史を持った老舗果物店「万惣(まんそう)」で働いていた川島さんと其田さんがOPENさせたこちら。今年に入って、新しく登場したカップに入ったショートケーキを見つけた瞬間、食べたい意欲にかられた。まずこの「ホットケーキパーラー Fru-Full」を紹介させていただきたい。

契約農家から仕入れた厳選されたフルーツ天国

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術
すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

「ホットケーキパーラー Fru-Full」で使っている果物は、川島さんが契約農家から仕入れた厳選されたもの。季節によって最適なフルーツがぎっしり。この日も、こんなにぎっしりのフルーツ。日々フレッシュなフルーツが入荷する。

果肉感ほとばしる、カップの中に隠れた構造美。使用しているいちごは「お陽様農園」の紅ほっぺ

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

構造を見ると、一番下が濃厚ないちごピューレ。その上に生クリームとスポンジ生地。もうショートケーキと同じ構成ながらもおおきなちがいは生地の量と、いちご感のバランス。上の生クリームの上には、ふるってかけられたスポンジ生地もユニーク。価格は800円。

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

イチゴは愛知の「お陽様農園」の紅ほっぺを使用。紅ほっぺを引き立てるように、下は酸味を残したイチゴゼリーと、カシス、ラズベリー、ブルーベリーを忍ばせているそう。

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

すくって食べると甘酸っぱさといちごの濃厚な甘みがガツンとくる。果肉感がほとばしりますが、生クリームのマイルドさがたまらず、口の中で甘さと甘酸っぱさを調整しながら食べると、とっても楽しい。すくって食べる楽しみの一つに。

すくって食べるいちごの楽園。「ホットケーキパーラー Fru-Full」が作るカップの魔術

店主の川島さん、とても親切で明るく、おいしいフルーツを日々入荷されている。おいしいフルーツがフレッシュに食べれるこのお店。もちろんケーキもお店ですべて手作り。テイクアウトして、おいしいスイーツが食べれるよう、このカップケーキはテイクアウトにもとってもおすすめ。販売時期は5月中旬ごえおまでですが、気になる方はぜひ行ってほしい。

About Shop
「ホットケーキパーラー Fru-Full」赤坂店

〒107-0052
東京都港区赤坂2-17-52 パラッツオ赤坂103 (MAP)
営業時間:平日 11:00~20:30 (L.O 19:30)、
土・日・祝日 11:00~18:30 (L.O 18:00)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日代休)
東京メトロ千代田線「赤坂」駅から徒歩5分、東京メトロ南北線「溜池山王」駅から徒歩12分
※梅ヶ丘店(東京都世田谷区松原6-1-11)でも、同様のホットケーキを販売。