ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

話題沸騰中のマリトッツォ。ブリオッシュにふわふわクリームがたっぷりと挟まったビジュアルはクリーム好きにはたまりません。
「食べてみたい!」と探していると、ヒットしたのが「なんすかぱんすか」。
ほかの商品を見るとどれもおいしそうで魅力的!
予約販売をしているので、早速行ってきました。

気になる!「なんすかぱんすか」の由来

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

原宿駅から歩くこと約10分、カラフルでポップな外観がひと際目立っています。

お店のネーミングも個性的で思わず何度も言ってしまいたくなるほど。
由来は名前を考えているときに「なんすか」が口癖のスタッフがおり、「なんすか?」「パンすか?」と話していたことがきっかけで、数ある候補の中から決まったんだそう。ユニークすぎ!

惣菜パン、菓子パン、食パンと種類豊富なラインナップ

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

店内は2人はいるとギュウギュウになるくらい小ぢんまりとしています。
すぐ目の前にパンが並んでいて、見ているだけで幸せに。

ドイツ産の有機スペルト小麦粉を中心に厳選した7種類の小麦粉を使っています。
惣菜パン、菓子パン、食パン、サンドイッチをはじめ、カヌレやラスクといった焼き菓子まで並んでいて朝食はもちろんおやつにも最適です。

予約商品以外にも店頭に並んでいるので、その時に出会えたパンを買うのもいいですね。

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

商品名も個性的なのですが、よく見てほしいのが商品説明。
パンにぴったりなキャッチコピーがおもしろい!

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

看板商品は”溢れ出る染み渡る幸せ”の「ジュワッサン」。
低温で長時間発酵させたバターを普通の2倍の量を入れ、北海道産の上質な生乳を生地に練り込んでいるのだそう。
塩気のあるものとバター感の強いもの、どちらかに寄りますがどちらも楽しめるのがジュワッサンとのこと。

迷った結果買ったのは5つ!

・マリトッツォ(ピスタチオ)

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

小ぶりなのにインパクト抜群で優勝級。
ほとんど生クリームで見た目はかなり重そうに見えますが、食べてみると軽い味わいであっという間に完食しちゃいました。
大きな口を開けないと食べられないので、デートには不向き。
私は上のパンとクリーム、下のパンとクリームという食べ方をしました。
ピスタチオが濃厚でカリカリっとアクセントになっています。
これは何個でも食べたい!

・フルサンカップル

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

旬のフルーツを楽しめるフルーツサンド。
片面に別々のフルーツを1セットで販売しています。2種類楽しめるのが嬉しいですね。
持ち運びが難しい商品なので、すぐに食べるのがおすすめ。

ボリュームたっぷりな見た目ですが、クリームがあっさりしているのでぺろりと食べられます。
いちごの酸味と甘いクリームの相性が抜群なのはもちろん、バナナの方はキャラメルクリームになっていてほかでは味わったことのない組み合わせでした。

・和牛すじカレー

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材
予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

コロンとした丸いフォルムがかわいらしい。

スパイスから調合したカレーと素材が持つ水分だけで作られています。
スジは塊肉から捌き、おいしいところだけをつかうというこだわりっぷり。
長時間に煮込まれているので、とろとろです。
スパイシーなので夏にぴったり!

・あんバター

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

店頭に並んでいなくてダメ元で聞いてみると、1つだけ提供できるとのことで買えました。
まるでマリトッツォのような見た目。
罪悪感たっぷりのコクとすっきりしたバターホイップクリームと甘さがしっかりある黒ごまあんとの相性が抜群。
半分以上ホイップバタークリームなのににくさがまったくなく軽いからまるで飲みもののようでした。

・あん食

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

中でも気に入ったのがこのあん食。店頭では残り2つでした。
問い合わせも多い商品なのだそう。
このままでも十分おいしいですが、トーストしてバターをのせて食べるのもおすすめということで、2通り試してみました。
切ってびっくり。黒ごまあんがたっぷりと詰まっていてほとんど黒ごまあん。
生地の外側はデニッシュっぽさがあり、中はもっちりとしていて柔らかくちゃんと小麦の香りがして主張しています。ふにゃんふにゃんに柔らかいので持ち帰る際は注意が必要。
黒ごまあんは濃厚で香りが良いです。有塩バターをのせると塩味が混じって最強の組み合わせになりました。

どれも絶品で止まらないおいしさ

予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材
予約必須のあんバター&マリトッツォ。原宿「なんすかぱんすか」は食べたら最後、ハマるひと続出の人気店へ取材

なんすかぱんすかをご紹介しました。

どのパンもクオリティが高く、本格的な味わいでした。
とくにクリームは本当にどれも軽い食感で重たくなく食べやすかったです。

帰る頃にはとても長い行列ができていました。
確実に食べたいものがあれば、予約をしておけば安心です。

保冷剤と保冷バックを忘れずに持っていってくださいね。

About Shop
なんすかぱんすか
東京都渋谷区神宮前3丁目27−3(MAP)
営業時間:11:00~17:00
定休日:月、火、水曜日

坂本リエさん

坂本リエ

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

主婦誌「サンキュ!」オンラインで記事を執筆ほか、「saitaPLUS」などでレシピ提案も行う。パンライターとして活躍する傍ら、子育てに奮闘するママ。インスタグラムのアカウントは(@r11echan