ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

前回の記事でお届けした、京王プラザホテルにて開催中のプラン「ハーゲンダッツ食べ放題!アイスクリームパーティ in シアタールーム」。なぜ京王プラザホテルとコラボレーションしたのかについて、お届けしてきました。
さて、最終回となる今回は、アイス研究家のシズリーナ荒井さんと、ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当の米華さんと「知られざるハーゲンダッツの魅力」をお届けします。開発の秘話を含む、貴重な話が満載の今回。今まで知られていない、驚きのハーゲンダッツワールドをどうぞ!

「バニラは、どこのバニラか、いちごはどこのいちごか、素材選びは徹底してこだわっています」

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

編集長:「ハーゲンダッツのアイスクリームって、一年中いつ食べても美味しいし、定番の商品もこだわっていらっしゃいますよね。」

シズリーナ荒井さん:「とくにストロベリーは、本当に果肉まで真っ赤な特別な品種なんですよね。」

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

米華さん:「はい、そうです。ハーゲンダッツのストロベリーアイスクリームは、世界中から厳選された、果肉の中まで真っ赤という特別な品種のいちごになっています。そのイチゴの品種を探すのに3年、開発するのに3年、合計6年掛かっているんですよ。」

編集長:「すごいなぁ、歴史というか、クオリティーへの追求と努力に驚きました。」

米華さん:「バニラも、すっごくこだわっています。1984年からレシピは変わっていないです。」

シズリーナ荒井さん:「この濃厚なミルクに負けない、香り豊かなバニラエクストラクトを使っていますよね。マダガスカル産レッドビーンズ。これは素材へのこだわりだけじゃなく、配合もすごく気にして作られていますよね。」

米華さん:「そうですね、バニラビーンズって香りのバランスがとても重要で、調整一つで結構変わってしまうので、かなりそこは気を使っています。」

「産業を守る=アイスクリームの質も守る」

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

米華さん:「それともう1つこだわりがあって。最近バニラってかなり希少になってきているんです。市場では熟成されないうちに買い占められてしまうことも多くて。付加価値がつく前に売却してしまった農家さんの収入は少なくなりますし、生産のクオリティーを保つことが難しくなってしまうんですよ。だから弊社はそういう風にしないように、信頼できるサプライヤーさんと協力して、農家さんの教育まで含めて産業を守り、それが結局は私たちの命である品質を守るという考えのもと、相互のためになることを考えた方法で原料を調達しています。だからバニラは、本当にいいものが作れているんですよ。

シズリーナ荒井さん:「そこまでこだわるのが、ハーゲンダッツなんですね。本当にすごい。」

アイスはカチカチ派か? とろけさせる派か?

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

シズリーナ荒井さん:「アイスクリームって、冷凍庫から出したばかりだとカチカチじゃないですか。私がTVでおすすめしたときは、その時に出演したタレントさんが“アイスはカッチカチじゃないとダメ”とおしゃっていて、私はとろける派なんですけれど。」

「私はアイスをとろけさせるほうが好きで。どっちかというとメーカー側の考え方というか。カッチカチだと、素材と会話できないじゃないですか。素材との対話の前に、お別れがきちゃうと思うんです。とろけるほうが、しっかり素材のことを感じられるなと思って。」

米華さん:「たしかに、少しとろけたほうが、香りも味わいも感じられやすいということはあると思います。以前、弊社CMでも、食べごろについて提案しました。」

シズリーナ荒井さん:「ハーゲンダッツを、ひそかにこういう楽しみ方をしているというのもみなさんに聞きたいですね。どうですか、クリーム太朗さん?」

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

編集長:「僕はですね、5~10分置いてとろけさせるほうが好きですね。やっぱり濃厚な味わいと口どけがよいですよね。」

シズリーナ荒井さん:「あ、仲間ですね!? よかったです。」

編集長:「楽しみ方としては、好きな音楽をかけるんですよ。その曲が終わる頃が食べごろで、音楽をかけながら待つ時間に気分を上げるんですよ。より一層美味しくなるんですよね。」

話は、ハーゲンダッツのアイスクリームの売り上げランキングの話題に
「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

シズリーナ荒井さん:「そろそろですよね、売り上げランキングが出るの。私たちが、予想してみます。どうなのかなって、予想してみたいす。」

米華さん:「そうですね、上半期の売り上げランキングをみんなで当ててみましょうか。」

米華さん:「私は、ストロベリーかな。定番の商品ですが、コンビニエンスストアやスーパーに行ったときに、『一つだけ選ぶとしたら、なんだかんだ言ってこれを手に取っちゃう』という人が多いイメージ。」

編集長:「たしかに! ストロベリーって嫌いな人がいないし、通年人気がある。そしてストロベリーを軸にした新しいフレーバーも多いですしね。」

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

編集長:「僕は、ラムレーズンかな? 2020年から通年販売になり、それほど人気があるということだと思ったので。最近は子どもよりも大人のほうがアイスを買うので、大人のこのラムレーズンなんじゃないかな~。」

シズリーナ荒井さん:「僕の1位は、マカデミアナッツ。もうね、これマカデミアナッツがごろっごろ入っているんですよ。そしてバター感が凄くて、これバタースカッチですよね? ちゃんとマカデミアナッツも食感が凄い感じられて、これハーゲンダッツ好きな人は絶対買っていると思って、1位じゃないかなと。」

編集長:「なるほど、リピ買い率も高そうですよね。」

それぞれの1位が出そろったところで、果たして1位は……↓↓

1位ミニカップ『バニラ』
2位ミニカップ『ストロベリー』
3位ミニカップ『グリーンティー』
4位ミニカップ『マカデミアナッツ』
5位ミニカップ『クッキー&クリーム』
6位ミニカップ『ラムレーズン』
7位ミニカップ『クリスプチップチョコレート』
8位ミニカップ『リッチミルク』

実は、各アイスクリームの名前は開発者が考えているんです

「ハーゲンダッツの知らない世界」シズリーナ荒井×ハーゲンダッツ ジャパン マーケティング担当×ufu.編集長 座談会vol.02

シズリーナ荒井さん:「最近ね、ハーゲンダッツさんね。名前で遊び始めているんですよ(笑)。」

米華さん:「気づきましたか(笑)」

シズリーナ荒井さん:「この新作の『濃香ロイヤルミルクティー』とあるんですが、“濃厚”じゃなく“濃香”となっているんですよ。」

米華さん:「これは、開発者が茶葉の味わいだけでなく香りにも本当にこだわって作った商品というのが理由ですね。世界中の色々な茶葉の中から厳選しました。すごくこだわったので、これは「濃香」と言いたいと(笑)。厳選されたアッサムで作られています。開発者の想いもつまっているんですよ。」

編集長:「なるほど、開発者の想いがぎゅっとつまっているんですね! 本当に愛が深いですね。」

アイスクリームの食べ放題が楽しめるプランで、最後は好きなアイスクリームを堪能

プランの紹介記事と合わせて、全3回でお届けしたアイスマニアも、ハーゲンダッツ好きもたまらない、座談会。最後は、みんなの「推しアイスクリーム」を食べて、笑顔で終了。アイスクリームは、美味しいものは人を笑顔にする。そんな幸せがつまった楽しいプランの詳細はコチラの記事で詳しくチェックしてみてくださいね。

また今回の宿泊プラン以外にも、スイーツビュッフェやカクテルなど目玉となるイベントも盛りだくさんです。

取材協力
京王プラザホテル
プラン名:「ハーゲンダッツ食べ放題!アイスクリームパーティ in シアタールーム」
(朝食、アイスクリーム食べ放題、サービス料・税込み)
1室2名様利用 1名様 2万1000円~

※写真はイメージです
※7月29日時点の情報です。最新情報はお問い合わせください。

Photo/Ahlum Kim Writing/Cream Taro