ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。
本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

銀座柳通りに店舗を構える「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」。レトロで高級感ある外観・内観に、季節の素材を使った本格的なテーブルデザートに、シェフのこだわりが詰まったケーキなど目白押しです。

特におすすめなのが銀座メゾン限定のナポレオンパイ。まるでフランスで食べているような重厚で酸味がたまりません。

創業当時では珍しかった「スイーツも食べられる喫茶店」としてスタート

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

1969年、兵庫県芦屋に誕生した「アンリ・シャルパンティエ」。創業当時では珍しかった「スイーツも食べられる喫茶店」としてスタートし、今では百貨店やショッピングモール、お土産売り場などでケーキや焼き菓子などを楽しむことができます。

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ
本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

2015年4月に東京・銀座に「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」がグランドオープンし、2018年4月28日にリニューアルオープン。

スタイリッシュに生まれ変わったサロンスペースでは、ライブ感ある実演テーブルデザートに加え、季節の素材を使った銀座メゾン限定のデセールなど目白押しです。

今回はその中でも、銀座メゾン限定ナポレオンパイを紹介します。

フランスにいるみたい!重厚で酸味が特長のナポレオンパイ

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ
ナポレオンパイ テイクアウト ¥702(税込)/ カフェ利用 ドリンク付き ¥2,035(税込)

いちごを贅沢に飾った華やかなミルフィーユ。

お菓子の皇帝という意味や、ナポレオンのかぶっていた帽子の形に似ていることから「ナポレオンパイ」と呼ばれているんだとか。

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

重ねられたパイ生地の間に、カスタードクリーム、いちご、いちごのコンフィチュール、フレッシュいちご、アーモンドの構成。

甘すぎないカスタードクリームを使用しているので、さっくりとしたパイ生地との相性抜群。

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

いちごといちごのコンフィチュールが相まって、重厚かつ酸味がとてもよく合い、本場フランスで食べているかのようなのナポレオンパイです。

セットドリンクは、70年の歴史を誇る紅茶専門店「ムジカティー」

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

セットドリンクの紅茶は、日本で初めて本格的にポットで紅茶を提供したとされる紅茶専門店「ムジカ」の紅茶を使用。

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

インド、スリランカ、中国はもとよりアフリカなどからも独自ルートで仕入れた新鮮かつ高品質な紅茶を楽しむことができるのも魅力的です。

全国の産地から選びぬいたフルーツを使用したケーキ

本場フランスで食べているみたい!重厚かつ酸味が絶妙の「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」のナポレオンパイ

フルーツは産地の天候状況などによって品質が左右されるため、毎年産地を固定するよりも全国の産地から選びぬいたフルーツを使用。

クリームはケーキの仕上げの直前になってから泡立てているなどのこだわりを持った作られたケーキがショーケースに並びます。

ケーキは、テイクアウトはもちろん、サロンスペースでも食べることができます。レトロで高級感ある空間で、素敵なティータイムはいかがでしょうか。

About Shop
「銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ」
東京都中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1階
営業時間:11:00〜19:00(ブティック)、11:00〜19:00(サロン・ド・テ L.O.18:00)
定休日:なし

takuma

Takuma

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

都内のパティスリーやホテルのカフェを中心に巡り、その美しい写真と丁寧な文章にファンも続々。パティシエ界や編集長も注目のウフ。スイーツ男子部第一号
Instagram(@k.takuma.happy

Photo & Writing / Takuma