ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

イタリアで開催された製菓の世界大会「The World Trophy of Pastry Ice Cream And Chocolate FIPGC 2019」にチームキャプテン ショコラ担当として出場し、世界一の座を獲得した瀧島誠士シェフ。2021年、自身のチョコレートブランド「Seiste(セイスト)」を立ち上げ、洋菓子界では有名に。そんな瀧島シェフが、実店舗のないブランドとして立ち上げた経緯とブランドに込めた思いを取材してきました。

「ブランディング、新しいお菓子づくり、今までできなかったことに徹することができる」

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

Q.最初は帝国ホテル、その後は「アルノー・ラエール」が日本初出店の際、スーシェフ、後にシェフを務められました。今、「Seiste」を立ち上げられて、この過去の経験や感じたこと、そして培った考え方が今の「店舗を持たない」というスタイルにどう結びついたのか、教えてください。

A.「ホテルパティシエをしている時は、いろいろな部署があったんですが、毎日ずっとお菓子を作ることしかしていなくて。“このままだとまずいぞ、パティスリーを出したいのに、作ることしかしていない”。それでいざ町場にでようと思たときに、入ったのが『アルノー・ラエール』。

お菓子作りももちろん、学べたこともすごく多かったです。多くのアイテム数を管理したり、レシピを起こしたり、ブランディングを考えたり、色々な経験をしてポジティブなものでしたが、1日にやる仕事が多かったのも現実でした。

お店のこと、お菓子のこと、自分のことを発信するときに時間がなかったので、そういった面でしっかり時間を作って、しっかり発信したいことを発信して、そういうことを考えるために、今のスタイルに行きつきました。色々な経験をしてからこそ、学んだことでもありますね。でも、本当は店舗を持ちたいんですけどね(笑)」

ブランドのロゴも、デザインもSNS運用も全部自分で

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

「ちなみに、Seisteのロゴデザインは僕がしました(笑)。Instagramの運用もやっていますし、これも新しい挑戦ですね。ボンボンショコラをはじめ、催事で出しているクッキー缶も全部オリジナルです。」

「Seiste」=「また食べたいテイスト」。生産者とのつながりを大事に、どう楽しんでもらえるか考えています

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

Q.「店舗を持たない」というスタイルで、ブランドの魅力やシェフの作り出す世界観の魅力を、どう「食べ手」=消費者に伝えることを意識していますか?

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

A.「店舗を持たない今は決まったカタチが無いので、生産者の方々との繋がりを大切にしながらも、どうしたら楽しんでもらえるか? 次の催事ではなにをするのかな?とワクワクさせられるようにそのシーズンに合わせて作るものを変えています。食材も生産者とコミュニケーションをとって、その魅力をSNSを通じて発信したり。ボンボンショコラで使っている緑茶は、僕の地元、静岡県の荒畑園のお茶を使用しています。高校の先輩が作っているんですよ。」

「チョコレートで世界へ挑戦したい」

「店舗を持たない」シェフの新しい生き方・新しい価値観とは? 世界大会を優勝した「Seiste」(セイスト)の瀧島誠士 mikiのショコラティエ探訪記vol.12

Q.数あるお菓子の中で、チョコレートのブランドにされた理由は何でしょうか?

A.「チョコレートは誰でも好きなんですよね。みんなが好きだからやってるみたいな言い方ですが(笑)のちに海外進出したいとなった時に、なにが受け入れられるかという視点で考えました。やはりチョコレートは世界共通で、素材を活かすという点では、一番表現ができる。そして勝負するなら日本の食材を使って、日本の食材の美味しさを伝えたいと思っています。余談なのですが、いつかフードコートを作って、カレーやラーメン屋さんをやってみたいですね。これ、話して大丈夫かな(笑)」

About Shop
Seiste(セイスト)
公式Instagram

Photo/Ahlum Kim Writing/Cream Taro(坂井勇太朗)