ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

幾重にも重ねられた花びら、いや花束クラスの見たこともないビジュアル。大阪の難波にある、「ディグラボ ソフトクリーム研究所」が作り出す、まるで理科の実験室から生まれたかのようなソフトクリームは、軽い食感と裏腹に、濃厚な味わいを作り出します。その秘密と季節で変わるラインアップをご紹介します。

キュートでポップな世界観。ソフトクリーム研究所の名前との絶妙なバランスとセンスのよさ

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

研究所というネーミングから、ちょこっと堅苦しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、お店へ行ってみるとこの世界観! まるで実験室を思わせる内観は、ワクワクする空間となっていますが、製法にこだわりがあり、ただの雰囲気づくりだけではありません。

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

お店があるのは大阪なんば「AKICHI」。アートな空間で、買ったあとの写真を撮るのにも絶好のロケーション。これでインスタ映えも間違いなしです。

空気をふくませることで、究極のふわふわ食感に

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

一般的なソフトクリームの空気含有量は約30%程度ですが、ディグラボさんのソフトクリームは季節によってチョコレートは約35%、いちごは約45%! さらに北海道ミルクに至っては約75%もソフトクリームの中に空気を含むことにより「究極のふわふわ食感」を演出しているんだとか。

種類も豊富なソフトクリーム、テイストによってふわっと食感も異なるのが多いな特徴です。それでは季節のフレーバーと定番のフレーバーをご紹介します。

新作のマンゴーはジューシーで濃厚

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

食べられるのは9月14日まで。夏を代表するフルーツ、マンゴーをふんだんに使った新作。酸味と甘み、香りの強いマンゴーのピューレをあわせていて、絶妙なバランス感です。

マンゴー本来のトロピカルでフレッシュな味わいと、なめらかな口当たりも最高です。

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

ビターなチョコ好きは絶対食べてほしい! 本格的な味わいのカカオ分75%のハイカカオチョコレートをあわせたソフトクリーム。甘いチョコではなく、ビターチョコレートで上品な感じが好きな方に絶対おすすめしたい逸品です。

衝撃の花束のようなソフトクリーム!? ソフトクリーム研究所が作りだす、エアリーで特濃ソフトクリーム「ディグラボ ソフトクリーム研究所」(大阪・難波)

そしてラストは、人気のミルクとストロベリーのミックス。異なる味わいと食感の2つの味わいがとても楽しいです。写真映えも〇。

新食感なだけではなく、濃厚さを大事にし食材の味わいもダイレクトに感じられるソフトクリーム。ぜひ一度食べてみてくださいね。

About Shop
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目3-20(MAP)
営業時間:平日12:00~18:00、土日祝11:00~18:00
定休日:不定休