ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長の徹底評価

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長が徹底評価

SNSで、スタバ好きはもちろん、パン好きやあんバターマニアの間でも賛否両論の「あんバターサンド」。実際に美味しいのか、その評価を決定づけるべく、編集長自ら実食しリポートします。女性目線、男性目線両方で評価を書きます。

話題になりすぎて、他の商品よりも売れ筋好評。買うなら早い時間帯に

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長の徹底評価

朝食やランチに向かないジャンルではあるが、人気が高く何軒かまわってたどり着きました。

とくに午後、おやつの時間が近づくと完売することも多そうです。よく見ると「コールドブリューコーヒー」が合うと書いてあり、実際にその組み合わせでいただくことにしました。

価格面では、297円というプライスは「高くはないけど安くはない」という感覚。

パン屋で、あんバターを購入すると180円~220円程度のところが多く、ただ最近高級志向の店が多いため、300円を超える場合もある。

そういう意味ではすごく高くはないけれど、安くもない価格帯かなと考察します。

ベイクして感じる、パンのフッカフカ感

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長の徹底評価

「焼きますか?」と店員さん。こちらのあんバターサンドは、焼いて食べることができます。そのまま食べるか、焼いて食べるかその点についても触れたいと思います。

まず焼いて食べて感じたのはパンの「フッカフカ」感。
パン生地は、石窯パンのような中はふかっともちっと。外が少しカリッとしている感じです。

あんこの甘みは、かなりさっぱり。こしあんに近いですが、やや粒あんな印象。あんことバターのバランスも悪くないです。

賛否分かれるのはここ。焼いて1分もしないうちに、バターがとけてジュワ~

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長の徹底評価

焼いてもらい、写真を撮っていると1分も経たないうちにバターが全部溶け出しました。

焼いたから仕方ない点はありますが、あんバターのだいご味はやはりバターをかじる感覚ですよね。焼く場合は軽く焼いてもらうとよいかもしれません。ただ、このじゅわ~と広がるパターは絶品でした。

塩気が強く、食事にも向いている印象です。

リベイクしないと、やや中途半端なイメージ

スタバの新作。売り切れ必至の、ふっかふか極上の“あんバター”をスイーツメディア編集長の徹底評価

それでは続いてリベイクしない場合。パンの食感、バターの食感や口どけ、あんのバランスが、焼かないと一気にかみ合わない印象に。食べるなら、焼くほうがおすすめです。

総評価は、65点

あんバターサンドしては、一定の評価ができ、全国どこでも食べられる点や手軽さを加味すると悪くないです。数多くあるスタバの商品の中でも、評価の高いほう。またコールドブリューコーヒーのキリッとした感じとも、たしかに相性もいいです。

いかがでしょうか。ぜひスターバックスコーヒージャパンの「あんバターサンド」一度食べ比べてみてくださいね。