ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

ハシビロコウさん

ハシビロコウ

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

横浜・都内のパン屋さんを中心に250軒以上巡る、現役大学生。授業が終わると同時に大好きなお店へ! パン好きインスタグラマー界でも話題の存在。

横浜元町の表通りから少し離れた坂道に、落ち着いた一軒家カフェ。こちらは日本茶専門店で、様々なお茶やそれらを使ったスイーツが楽しめます。

さっそく入店してみます!看板犬のムサシくんが出迎えてくれました(笑)

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

お店のこだわり

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

日本茶の持つ味わい深さ、香りを味わってほしいとの思いから始めたというカフェ。こちらが店主の小方奈緒さん。

ほうじ茶や抹茶は、実際に現地に赴き、有機栽培の契約農家さんから仕入れているそう。さらに、食器や急須も知り合いの作家さんのオーダーメイドというこだわりっぷり。

これらの日本茶を馴染みのない若い人にも、気軽に味わってほしいとの思いからこのパフェを提供するようになったそう!

人気の定番パフェ2種を注文‼

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」
横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」


人気No.1の抹茶パフェ(¥1430)とほうじ茶パフェ(¥1430)

それぞれ構成は上から

抹茶パフェ

綿あめ、抹茶クッキー、生クリーム、抹茶スポンジ、抹茶求肥、あんこ、抹茶アイス、桜アイス、抹茶ゼリー、砕いた抹茶クッキー、バニラアイス、抹茶ババロア、黒糖寒天。

ほうじ茶パフェ

綿あめ、きな粉クッキー、生クリーム、キルシュ漬けラズベリー、ほうじ茶スポンジ、ほうじ茶アイス、ほうじ茶ムース、ラズベリーゼリー、ほうじ茶白玉、バニラアイス、黒糖寒天、砕いたほうじ茶クッキー、ほうじ茶ムース。

盛りだくさんな構成に、綿あめが乗っていてとっても可愛い~♡抹茶は甘さと合うよう、専用に濃いものを仕入れているそう!

高さがあり、ボリューミーなのに、抹茶の苦さで最後まで飽きずに食べられます。

ほうじ茶も香ばしさと甘酸っぱいラズベリーがよく合う~◎まず綿あめを豪快にかぶりつくのがおすすめです(笑)

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

どちらのパフェもすべて手作りで、ゼリーやクッキー、ババロアに至るまで、すべて一から作っているそう。

綿あめのみ知り合いの綿あめ屋さんから仕入れているみたいです!

どちらのパフェにもドリンクが付いていて、パフェと一緒にお茶の美味しさも知ってほしいとのこと。ちなみに12種類から選べて迷ってしまいます。

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

今回は、抹茶SAKURAスタイルと新茶を選びました。

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」
横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

他にはどんなメニューがあるの?

季節限定の桜パフェやあんみつ、ランチメニューがありました。夏には、かき氷も販売していて、毎年とっても人気なのだそう。

もちろん茶葉や、食器、急須の販売もしています。
ちなみに、店主の小方さんは保護犬・猫ちゃんの為の募金活動に取り組んでいて、保護犬のカレンダーも販売しています。是非部屋に飾りたいです1

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

皆さんも、日本茶専門店で美味しいパフェとお茶に癒されに行ってみては?

横浜元町の日本茶専門店でいただく本格抹茶、ほうじ茶パフェ「茶倉SAKURA」

About Shop
日本茶専門店 茶倉SAKURA
住所:神奈川県横浜市中区元町2丁目107( MAP
アクセス:みなとみらい線「元町中華街」駅から徒歩3分
営業時間:11:00~19:00
(コロナウイルスの為、時短の可能性があります。)
定休日:月曜日