ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。
【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

パンライターの坂本リエです。
世界にはさまざまなパンがありますよね。
そこで、東京で楽しめる世界のパンを食べることにしました。
今回ご紹介するのは、台湾式朝ごはん専門店「東京豆漿生活(トウキョウトウジャンセイカツ)」。
台湾の伝統パンが食べられるお店です。

台湾の食文化を日本に広めたいという想いでスタート

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

五反田駅から歩くこと約5分、緑で覆われた独特の外観が目を惹きます。
平日の10時半頃に着くと、店内は8割ほど埋まっていて人気っぷりが伺えました。
テイクアウトもできるので人がひっきりなしに並んでいます。
回転は早いので、待ち時間は少ないです。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

東京豆漿生活では、台湾の朝ごはんを味わえます。
2019年2月にオープンし、Instagramで話題になりたちまち人気店に。
休日は行列必至です。

台湾では朝早くから開店しているお店が多く、朝食をお店で食べることが日常的なんだとか。
そこで、台湾の朝ごはんの文化を日本にも広めたいというオーナーさんの思いからオープンされたそうです。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

店名の「豆漿(トウジャン)」は台湾で豆乳という意味。
毎朝店内で絞った新鮮な豆乳がいただけます。
国産の大豆を使い、日本人好みの味わいに仕上げているそう。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

店内に入ると大きな窓から光が入り気持ちが良い。
形の違うテーブルやイスがなんだか台湾っぽいですね。

異国感あるパンたちに心躍る!食べやすさがミソ

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

レジ横にはおいしそうなパンがずらりと並んでいました。
日本では見たことのないような種類のパンで、異国感がありワクワクします。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能
【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

小ぶりでかわいい「酥餅(スーピン)」はラードと小麦粉を混ぜることで、パンとパイの間のような新食感が味わえます。
スイーツ系と惣菜系2つの種類があり、どちらもおいしそう!
今回、ごまパンとピーナッツパンをいただきました。
どちらもぎっしりと中身が詰まっていて重量感あり、小ぶりながらも食べ応え抜群です。
塩気があり、どちらもあまじょっぱく無限に食べられそう。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

おすすめは「焼餅(シャオピン)」。
いくつもの層にもなった焼餅がほろほろとほどけていきます。
胡麻の香ばしさが口いっぱいに広がります。

台湾の朝ごはんを実食!

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能
【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

定番メニューは「鹹豆漿(シェントウジャン)」なんだそう。
しょうゆ・お酢・ラー油で調味した豆乳スープで、具材は干し海老・細ネギ・塩漬けの大根のみとシンプル。
お酢を使用しているため酸味があり、豆乳がおぼろ豆腐のように少し固まります。
なので、スープですがしっかりとお腹に溜まります。
油条(ヨウティヤオ)と呼ばれる揚げパンをつけて食べるのが定番です。
コクが加わってアクセントになります。

【五反田】台湾の伝統パンを東京で。「東京豆漿生活」で本場の朝ごはんを堪能

おすすめの焼餅にネギ入りの薄焼き卵「葱蛋(ツォンダン)」をトッピングしたものをテイクアウトしました。
薄焼き卵は注文が入ってから焼いてくれます。
薄いので主張が控えめかと思いきやふわっと弾力があり、塩味が効いていてパンチがあります。
ゴマとの相性抜群!

日本にいながら台湾の朝ごはんを食べてみたい人はぜひ足を運んでみてください。

About Shop
東京豆漿生活
東京都品川区西五反田1-20-3
営業時間:8:00~14:00(なくなり次第終了)
定休日:日

坂本リエさん

坂本リエ

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

主婦誌「サンキュ!」オンラインで記事を執筆ほか、「saitaPLUS」などでレシピ提案も行う。パンライターとして活躍する傍ら、子育てに奮闘するママ。インスタグラムのアカウントは(@r11echan