ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市

歴史ある旦過市場(たんがいちば)の物語を紡ぐ「こぶたのプリン」【福岡県北九州市】

こんにちは、暑い日が続きバテ気味のかんなです。
今回のテーマは「プリン」。北九州市の台所と言われる旦過(たんが)市場の「藍昊堂菓子舗(あおぞらどうかしほ )」を取材してきました。

タイムスリップしたような昭和ワールド広がる旦過市場

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市】

全長180 メートルあるアーケードの市場入り口近くに、藍昊堂菓子舗はあります。


歴史ある市場の中でも、このお店は 特に女性に人気があり、商品のパッケージや店構えがかわいくて、ついつい立ち寄ってしまいます。

こぶたが乗っている⁉ 1ぴき370円の「こぶたのプリン」

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市】

一番人気はカスタードプリンです。カラメルではなく、生クリームで食べるとろとろプリン。


そのままのプリンは甘さ控えめの優しい味ですが、 途中 ブタの容器に入った生クリームをブニューと 入れると、とてもクリーミーなプリンに なります。

とにかくとろとろで 、 混ぜて「飲めるプリン」にするのもおすすめです。

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市】

蓋の上のブタの容器には各種プリンにあわせた、ソースがはいってます。最初はそのまま食べ、そのあとに子ブタちゃんソースで 味変すると、二度美味しいプリンになりますよ。


期間限定のムースもあり、ラインナップは時期により異なります。全種類食べたくなりますね。

「こぶたのプリン」の始まりは意外なところから

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市】

お店が創業した当時、店舗の向かいに商売のお手本となった肉屋さんがあったそうです。

旦過市場の再開発後にそのお店が廃業するという話から、何かお店のことを繋いでいきたいと、お肉屋さんの敷紙に描いてあったブタちゃんをキャラクターに選んだのだとか。

「当店はまだまだ生まれたばかりの子供のようなもの」という思いから、名前は「こぶたのプリン」となったそうです。

歴史ある旦過市場の物語を紡ぐこぶたのプリン【福岡県北九州市】

「こぶたのプリン」は九州産や国産の美味しい素材にこだわり、保存料や添加物などは不使用です。

一口たべると「happy♡ 」と笑顔になるプリンです。

令和時代に、再開発で変わろうとする旦過市場の中で、素敵な物語の「こぶたのプリン」はいかがですか? オンラインショップでも購入できますよ。

About Shop
藍昊堂菓子舗(あおぞらどうかしほ)
福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目2-23(MAP)
小倉駅より徒歩 9 分
営業時間10:00~18:00( 日 祝 11:00~17:00)
不定休
Instagram:こちら
公式HP:こちら

かんなさん

かんな

インスタグラマー

メンバーの記事一覧

九州のカフェの歩く生き字引。カフェ好きすぎて昭和から令和まで巡っている、筋金入りのカフェめぐりびと。福岡を中心に佐賀や大分など、車でいけるところならどこまでも徘徊中。Instagram(@kannacafe25