ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。
名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

名古屋といえば、ひつまぶし、味噌カツetc.ちょっとこってりした名物を食べたい!と思う人も多いはず。一方で、見た目が“映える”かわいいスイーツやカフェが近年急増するなど、スイーツの新しい聖地と化しています。そんな中でも、驚くべきスイーツの革命が起きたと聞きつけ、編集長自ら名古屋へ。「北野エース」が提案する新業態「FOOD LIBRARY」の1号店が、11月19日(土)に名古屋PARCO(愛知県名古屋市中区)西館B1Fにオープン。東京の人気店や初出店のお店まで、名古屋の方から全国の観光客へゼッタイ足を運びたくなる最旬スポットをお届けしていきます。

名古屋PARCOの凄いリニューアル。バイヤーたちが魂を込めた品揃えと「SHIBUYA」を含む6つのキーワードとは?

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

栄駅からも近い名古屋PARCO。北野エースが次世代に食や生活の楽しみを提案する、新業態の次世代型グロサリーショップ「FOOD LIBRARY」が11月4日にリニューアルオープン。東京・渋谷をイメージした品ぞろえが揃う「SHIBUYA」や新技術による食の新しい体験ができる「FOODTECH」、昨今食の重要キーワードである「ETHICAL」など、幅広いテーマでショップが区切られており、北野エースの目キキ、味キキバイヤーたちが次世代に「つなぎたい」、「伝えたい」とっておきの商品をセレクトしています。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

とくに「LOCAL」のゾーンは、北野エースの得意分野であるカレーがなんと270種類程度。好みのカレーをゲーム感覚で探せるサイネージもあるなど、楽しく買い物ができる設計に。また、売り場は図書館のようになっており、業界でも珍しい「C」の形をしたカーブのかかった売り場設計になっているので、博物館で作品を見ているかのようなワクワク気分で買い物ができます。

アマゾンカカオって知っている? 今、目が離せない人気の太田哲雄シェフのポップアップコーナーが期間限定登場

この新しくなった「FOOD LIBRARY」店内のPOP UPスペースでは、“人”にピンポイントを当てた、ユニークな設計に。各界で活躍する有名店のシェフや食にまつわる専門家などが監修したメニューが期間限定で登場。各キュレーターが“食”に込めたメッセージや想い、またそれぞれの世界観を感じられるスペースは圧巻。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

今回、第一弾キュレーターとして登場するのは「アマゾンの料理人」として人気の太田哲雄シェフ。長野県・軽井沢町「LA CASA DI Tetsuo Ota」オーナーシェフで、ペルーのアマゾンでカカオと出会い、今ではお菓子・チョコレート好きの中ではみんなに愛される料理人です。フルーティーで、風味豊かなアマゾンカカオ。そんなアマゾンカカオの魅力をダイレクトに感じられる「ショコラポップコーン」(1440円)は、手土産の定番としても定着しつつある人気商品で、名古屋で買えるのはここだけ。

また「アマゾンカカオのジンジャーエール」(880円)、「ホットショコラショー」(660円・ハーフ300円 )が、ここでしか飲めない限定商品として楽しめちゃいます。早速注文すると……。

手に持っているのはなんと「アマゾンカカオ」。目の前で削ってくれるパフォーマンスが!ぜひ動画におさめてSNSにアップしたくなります。

POP UP開催期間:2022年11月19日(土)~2023年3月20日(月)予定

他にも目白押しの新店の数々。超キュートな日本初のりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

2014年にOPENし、今年で8年目を迎えるのは日本初のりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」。ショーケースを見た瞬間、心が奪われる圧倒的な世界観。使用しているりんごは、季節ごとに美味しい品種を選んでいるんだとか。取材時は「サンふじ」。洋菓子としてのりんご飴の味と食感を追求し、フレーバーの種類は「プレーン」(648円)や「シナモン」(648円)など4種類がラインアップ。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

一番人気を聞くと、やはり「プレーン」なんだとか。りんごのシャキシャキ感に、飴のカリッ、パリパリ感が面白く、りんごのコクと酸味と飴の甘みがいい塩梅でのってきます。また名古屋PARCO限定フレーバーとして「VOYAGE」(756円)。旅を意味するフレーバーは、カシスや南国フルーツ、ライチの香り豊かな味わいに。

東京の人気店がお届けする「明天好好」(ミンテンハオハオ)の2号店が名古屋に!

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

東京・下北沢に店舗を構える「明天好好」の2号店がオープン。「New Far Eastern Style Café」と銘打った明天好好は80年代のアメリカ西海岸のチャイニーズレストランや当時の各国のチャイナタウンのイメージしているんだとか。取材時も多くの人ですでに賑わっていたこちら。注目すべきスイーツは台湾ブーム注目の「果物豆花(フルーツトウファ)」(900円)。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

豆花(トウファ)は、豆腐よりもなめらかでツルんとした食感が特徴で口当たりがよく、シロップとの相性も抜群。その上にのっているのはピンクグレープフルーツ、キウイやライチ、バナナといったフルーツが“これでもか”と入っています。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

食事として人気の「魯肉飯(ルーローハン)」(900円)は、カリカリのフライドオニオンの食感が面白く、高菜とスパイスの香りをまとった餡がたまりません。このお店の特徴として、ベースは「プラントベース」。今トレンドの健康や生態・環境を美味しく守ろうと意識したコンセプトとなっています。

素材選びにこだわった人気ベーカリーのパンの“かわいさ”の常識を覆す

最後にご紹介するのは「terre à terre」(テーラ・テール)。ひと際目立つショーケース、まるでお花屋さんかのような、自然を感じる雰囲気。前を通る人がみな足を止めるこちらのお店は、高岳エリアの人気ベーカリーが栄エリアに登場しました。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

国産小麦が持つポテンシャルを最大限に引き出した製法と、無農薬野菜・果実など「無農薬」「無添加」「地産地消」をできる限り意識した素材選びで味に妥協せず、常に最高のパンを届けてくれます。素材の良さを徹底的に追及し、並ぶパンの美しさは驚くほど美しいです。

名古屋PARCOでスイーツの革命!? 驚きのリニューアルオープン潜入レポート

数多くあるパンの中でも、ぜひ食べて欲しいのが写真一番左にある、まるで真珠のようなクロッカンがのったパン「紅茶のブリオッシュ」です。アールグレイを茶葉から煮出して練り込んだ生地と自家製紅茶ガナッシュ、フランス産ホワイトパールクラッカンを敷き詰めたフランス発祥のパンで、口にふくんだ瞬間に広がる香りがたまりません。大きさもほどよく、休憩中や仕事帰りに買うのにぴったりなサイズ感。

いかがでしたでしょうか? 朝昼晩、まる一日いても飽きないほどの品ぞろえとイートインスペース。またワクワクの販売スペース作りやお店のセレクトは、お菓子が好きな担当者・バイヤーたちの想いが込められています。ぜひ名古屋を訪れたら、1日ここで“食い倒れ”してもいいかもしれません。

About Shop
名古屋PARCO 西館B1F
愛知県名古屋市中区栄3-29-1
アクセス:地下鉄名城線矢場町駅
営業時間:11:00~20:00
※営業時間は変更する場合がございます。詳しくは名古屋PARCO公式HPをご確認ください。
https://nagoya.parco.jp/