ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

前回の記事で紹介した「kasiki」さん(@kasiki)。モデル、名和風歌さんの連載で紹介した隔週で、週末にだけpop upとしてお店を開くアイス屋さん。今回は、作り手の藤田澄香さんにスポットを当て、このブランドの立ち上げた経緯やアイスへの熱い想いを取材してきました。

ヴィーガンレストラン、ケータリングチームなど、料理の道からアイスの道へ

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

Q.藤田さんは、このお店を始める前はどんな分野で活躍されていましたか?

A.大学を卒業してから、ヴィーガンのレストランをはじめさまざまなジャンルの飲食店で働いてきました。最初は料理の道でしたね。直近では「Perch.」というケータリングチームに属し、パーティーフードやお弁当の仕込みなど料理の仕事をしながら、自身のアイスブランド「kasiki」を立ち上げました。料理も好きでしたが、アイス作りの面白さに魅了されてこの仕事一本でやっていきたいという想いが強まり、完全に独立してからもうすぐ一年になります。

「『四季』の表情、風の香りを表現したい」

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

Q.お店の名前、「kasiki」にはどんな思いが込められていますか?

A.一番大切にしたいのは季節感。四季のうつり変わりとともに見せてくれる表情、吹き抜ける風の香りetc.そういったものをアイスで表現していけたらという想いが、「kasiki」に込められています。また、従来の概念にとらわれず、自由な発想によるアイスブランドにしたかったので、無国籍のようなつづり、音の響きも重視しました。

「『kasiki』のアイスは、旬の果物やハーブ、スパイス、茶葉をふんだんに使っています」

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

Q.「kasiki」のアイスは、どんなアイスですか?

A.まず大事にしているのは素材。できる限り良質なものを選んでいます。安定剤や保存料などの添加物もまったく使わず、身体に入っていく感覚はどこまでもナ
チュラルに。自分自身が甘すぎるものが苦手なので、甘みも強すぎないように、そして“また食べたくなる”ような味わいに仕上げることを大切にしています。

旬の果物やハーブ、スパイス、お茶の葉にお酒etc.さまざまな素材の香りや味わいをミルクに映した、見たことのない風景が広がるようなアイスクリームを目指しています。

「いろいろな場所、いろいろな人たちとのイベントを通じて、アイスの新たな魅力をお届けしたい」

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

Q.このキオスク、そして魅力たっぷりのアイスを通じてどんなことを伝えたいですか?

A.今イベントを開催している、幡ヶ谷の「wineshop flow」 のキオスクでは、皆さまにワインと合わせて楽しんでいただいています。ワインにアイス?と思う方も多いのですが、ハーブやスパイスが香るkasikiのアイスは、flowで扱うナチュラルワインととても相性が良いのです。

またflowでのキオスクだけでなく、これまでに同じく幡ヶ谷の「Paddlers Coffee」、下北沢にあるイタリアン「GUERRERO」。福岡に出張して「COFFEE COUNTY」や草花に囲まれたイベントスペース「果日」などさまざまな場所で、コーヒーやワインとコラボしたイベントを行ってきました。
アイス単体で食べていただくだけでなく、そういった違う業態で一線を走っている方々とともにお届けするのも、また違う魅力をお伝えできると考えています。

隔週でしか開かないアイス屋「kasiki」。メディア初登場、藤田澄香さんのアイスの流儀とは? 連載「#ふうかとあいす」

「kasiki」のアイスには、馴染みのある日本の素材以外にも、台湾のウーロン茶、フランスから届く山羊のチーズやシチリアで造られる伝統的なワインに初物のオリーブオイルなど、普段あまり触れる機会のないようなものも組み合わせます。

国籍に捉われない、さまざまな素材が出逢った時の発見や驚きを、食べていただく皆さん自身の自由な視点で楽しんでいただきたいです。今はキオスクという形ですが、まだまだ進化の途上、今後は実店舗を通じてさまざまな風景を見ていただけるようにしたいと思っています。そして、たくさんの方々の心にふわりと心地よい風をお届けできたらうれしいです。

<衣装協力>
ハイネックトップス¥7590・バッグ¥3190/すべてCHILD WOMAN(アンビデックス)、デニムパンツ¥14080/My Fav. CHILD WOMAN ☎03・3481・8121
スニーカー / スタイリスト私物

Profile
名和風歌 なわ ふうか
1998年7月13日生まれ。出身地は愛知県。趣味・特技は手芸。
編み物ブランド「FAWN」を立ち上げるなど、モデル以外としても
様々な分野で活動中

About Shop
Sunday Bake Shop
東京都渋谷区本町6丁目35−3(MAP)
営業時間:7:30~17:00
定休日:月、火、木 、土 (最終水曜日定休日)

Photo/Jun Imajo(今城純) Styling/Emiko Akashi(明石恵美子) hair&make/Shizuka Satake(佐竹静香) Writing/Cream Taro(坂井勇太朗)