ufu(ウフ)スイーツがないと始まらない。

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

パンケーキとフルーツサンドをまさにいいとこ取りした「パンケーキサンド」。
今回はufu.編集部がぜひ東京で食べてほしいパンケーキサンドをご紹介します!

椿サロン銀座の「椿さんど」

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

銀座のみゆき通りにある『椿サロン銀座』。
北海道の小麦粉と卵でじっくりと焼き上げた無添加の「北海道ほっとけーき」は、
“東京ナンバーワンの味わい”と称するファンもいるほどの人気店です。

その北海道ほっとけーきに、極上の生クリームをサンドし、
季節のフルーツと共に楽しめるのが「椿さんど」。
絹ごしのような食感とやさしい甘さは、ここでしか味わえないハーモニー!

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

テイクアウトをしてお家でゆっくりと味わうのもよいですが、
『椿サロン』はとてもノーブルな時間が流れる店内空間も魅力のもひとつ。
中央にグランドピアノが置かれた優雅な店内で、日々の喧騒から離れて、
やさしい甘さをじっくりと堪能するのもおすすめです。

<価格>
テイクアウト 1,600円(税込)
店内飲食   1,630円(税込)

About Shop
椿サロン銀座
住所:東京都中央区銀座6-6-19 新太炉ビル3F (MAP)
営業時間:11:00〜19:30(ラストオーダー18:30)
定休日:なし

リズラボキッチンの「グルテンフリーのパンケーキサンド」

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

『リズラボキッチン』は、表参道の裏路地にあるカフェ。
米粉を使ったグルテンフリーのパンケーキのお店です。
店名の「リズ」は、フランス語でお米のこと。
日本の主食である米の食文化を伝えていきたいという思いが込められているのだとか。

無農薬の米粉100%で作られているグルテンフリーのパンケーキは、
こだわりの素材ならではのふんわりとしたフォルムと、しっとりとした食感が特徴。
小麦粉が苦手な方や、小さなお子様でも安心して食べられるのも魅力です。

季節の素材を使った限定パンケーキが登場することもあるので、
ぜひまめにお店の発信をチェックしたいですね。テイクアウト、通販もあります。

パンケーキサンド、東京でぜひ食べておきたいufu.編集部おすすめ2選

<価格>
北海道産生クリームと北海道産の小豆煮 550円(税別)
生いちごたっぷりクリームサンド    550円(税別)
北海道産濃厚生クリームサンド     450円(税別)
季節の期間限定パンケーキサンド    650円(税別)

※季節のサンド(熟成焼き芋、和栗など季節により異なります)

About Shop
Riz Labo Kitchen(リズラボキッチン)
住所:東京都渋谷区神宮前4-15-2 裏参道ガーデン内 (MAP)
営業時間:金・土・日 12:00〜17:00
定休日:月〜木(ゴールデンウィークは休まず営業)
※営業曜日・時間は変更する可能性がありますので、公式インスタでご確認ください。
Instagram: @rizlabokitchen